手の皮がむけるのは乾燥によるもの!肌を最も傷つける事知ってる?

手の皮がむける
スポンサーリンク

手の皮がむけるのがつらい!

この記事にたどり着いた方であれば、そう思う人だと思います。

手の皮がむける原因として「乾燥」があります。

この記事ではそんな手の皮がむける原因となる「乾燥」を対処する方法を紹介します。

スポンサーリンク

手の皮がむけるのは乾燥によるもの!その症状は?

私も皮がむけるのが本当につらかったんですよね~(;^ω^)

手の皮がむけることにより手を洗った時はヒリヒリ痛むわ痒みがでるわで大変だと思います。

手の皮がむける原因としては様々ありますが、今回紹介する「乾燥」が原因となる場合、どのような症状が出るのでしょうか?

もし手の皮がむける原因が「乾燥」であれば、本当にひどい方なら夏にも手の皮がむけるかもしれませんが、ほとんどの方は秋から冬にかけて手の皮がむけると思います。

夏にも手の皮がむけてつらいという方であっても症状がひどくなるのは冬でしょうね(^^;)

もちろん冬の方が、湿度が低く、乾燥しているのが原因なのですが、具体的には首都圏で夏場は湿度80%、冬はその半分の40%です。

湿度が下がり、肌が乾燥することにより肌のバリアが破壊され、手の皮がむけるのです。

そしてその皮がなくなり露出した肌に細菌が侵入することによりかゆみにもつながってしまいます。(^^;)

まず冬に症状がひどくなるという方であれば手の皮がむける原因は乾燥によるものと疑ってよいでしょう。

※この症状に当てはまらなければ手の皮がむける原因は別の要因と考えてください。それについては関連記事から原因を探してみてください…

乾燥肌になる肌を最も傷つける事とは?

乾燥に悩む方はそれを対処すべく入浴して肌を保湿することを考えると思います。

しかし、それが場合によっては直接的に肌を乾燥肌に導き傷つけるものとなるのです。

まず一つ、お風呂の温度は何度にしていますか?

冬はアッツあつのお風呂につかりたいと思うかもしれませんが41度以上のお風呂に使ってしまうと肌の水分は潤うどころか喪失してしまいます。

二つ目に、長湯。

長湯もよくありません。肌がふやふやになり手の皮がむける原因となります。

ちなみに24時間ずっと水につかりづつけると、全身が痛みで耐えられないほどになるという実験結果があります。

さらに漬かり続けることで肌が腐っていくという結果が世界の実験ではあるのです。

水につかり続けるっていうのは結構危険なことなんですよね。(^^;)

3つ目に石鹸の量。

多量の石鹸を使ってしまうと全身の皮脂を溶かしてしまい、肌のバリア破壊してしまいます。

それにより手の皮がむけるだけではなく、痛みやかゆみも伴います。

洗う際はごしごしではなく、手のひらで、さらに多量の石鹸を使わず弱酸性の泡立てを使用してくださいね。

お風呂に入る際は逆に乾燥肌にしてしまわないように注意しましょう!

今紹介したことを実践することにより私も少しだけ症状は治まりました。

アツアツのお風呂に入っている間はかゆみとか自然と気にならなくなるので入りたくなる気持ちは分かるんですけどね(^^;)

手の皮がむけるという人の、症状の重さ別のハンドクリームの使い方!

ここからは乾燥による手の皮がむける人向けの症状の重さ別にハンドクリームの使い方は紹介します。

1.比較的症状が軽く、乾燥で手の皮がむけているだけで、痛みがない方。

手の皮がむけているだけで痛みがない方、またはこれから症状が出ないようにした方は高保湿ハンドクリームを使うとよいでしょう。

例えば以下のようなものがあります

  • ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー 80g
  • フェルゼア リペアベール プライム 40g
  • メンソレータム ハンドベール 濃厚こってりクリーム 70g
  • アトレージュ AD+ 薬用 ハンドクリーム キュアモイスト 40g

フェルゼアは手の保湿だけではなく爪まで潤うのでお勧めですよ!

2.乾燥で手の皮がむけるだけではなく、かゆみや赤みがひどい方

ただ乾燥で手の皮がむけるだけではなく、赤みやかゆみがるという方は市販のハンドクリームを塗るよりも皮膚科に行き「ステロイド剤」をもらったほうが良いでしょう。

市販のハンドクリームももちろん使えないことはないですが、長期的に塗っていても症状がおさまらないことが多いです。

この段階まで来ると専門家に見てもらったほうが速いと私は考えます。

ちなみに私はこのレベルで悩んでいました(^^;)

乾燥が進み肌にひびが入ったり赤み、痛みを伴う方

ここまで来るとかなり深刻ですね…

血がにじんできたりしているのであれば、それは一般的に言う「あかぎれ」でしょう。

この場合、高保湿ハンドクリームを塗るだけではなく以下のような炎症を抑えるクリームを塗るようにしてください。

  • ヒビケア軟膏a 35g [第3類医薬品]
  • 大木の流絆S 10mL [第3類医薬品]
  • ベルクリーン S軟膏 25g [第2類医薬品]

また、炎症により手の血流が悪くなっていると思うのでしっかり手のマッサージをしてあげてください。先ほど紹介した「ステロイド剤」も使えますよ。

ハンドクリームは朝に一回、そしてお風呂上りに一回、一日に計2回に塗るようにしてくださいね。

まとめ

以上、乾燥による手の皮がむける症状を紹介しました。

乾燥によるトラブルは自分の肌質にもよるとは思いますが、しっかりと向き合って対処するようにしましょう。

また、手の皮がむける原因は他にもありますのでそれについては別の記事で紹介しています。関連記事もぜひご確認していってくださいね

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました