工藤静香の歌う慟哭の意味とは?三人の恋愛感情を現す切ない物語!

工藤静香
スポンサーリンク

皆さん、工藤静香さんの歌う慟哭、なんとなくいい曲だな~とは誰もが感じるでしょうがその意味までは誰もあまり知らない事でしょう。

普段聞きなれない言葉なので気になる人もいると思い、今回はこの工藤静香さんが歌う慟哭の意味について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

慟哭(どうこく)の普遍的な意味とは?

ねっとで「慟哭」と検索すると

声をあげて激しく嘆き泣くこと。

と出てきます。

とても苦しくかなり嫌な出来事があった時を表現する言葉として一般的には使われるようですね。

工藤静香さんが歌う慟哭にはどのような意味が込められているの?

Shazam

慟哭の普遍的な意味は理解できたでしょうか?

では工藤静香さんが歌で伝えたい慟哭の意味は何なのか。

まずこの慟哭に出てくる登場人物として

工藤静香さん、男性、もう一人の女性

の三人が出てくると考えられます。

そして工藤静香さんと男性の関係は悪ふざけしあう友人関係であるという事。

二人はのんのんと話したり笑いあったりと過ごしていたがある日男性ともう一人の女性は恋仲になり、気になっていた男性に恋人ができてしまった。

それに気づいた工藤静香さんは自身にそれを継げている歌になっているのではないかと思われます。

もっとはやくその気持ちに気づいていれば…

早く私の気持ちを伝えれいれば…

でももう好きだった男性とは一緒に過ごすことはできない、声を上げて泣き叫ぶほど苦しい

そういった意味が込められている歌になっていると考えられるでしょう。

切ない歌ですね…(^^;)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました